So-net無料ブログ作成
検索選択

再開! [上海の日常]

ご無沙汰してます。
 Haluluです。

 2カ月以上もたった今日、ようやく思い腰を上げました。

 とにかく、中国のインターネット事情の悪いこと。
ADSLという名ばかりのナローバンド状態。
時間のあいたときに更新しようと思ってもいうことを聞いてくれない!

ということで更新、おろそかにしてました。

まあ、それだけじゃなくって、私がずっと気にしていたビッグイベントが
ちょっと前に終わったばっかりなので、
それまではどうもばたばた忙しかったわけです。

 ビッグイベントというのは・・・
大好きな友人であり、すばらしい二胡のアーティストである
WeiWei Wuu上海凱旋イベント&ライブ!

 私が上海に来た当初から「上海でライブ、実現できたらいいよね」
とずっといってたんです。

その念願がかない、おかげさまで大成功に終わりました!
聞きにいらしてくれた方、この場を借りて、お礼申し上げます。謝謝大家!

それにしても、今回のライブをかげながら支えていた
彼女のご両親をはじめ家族の深い愛情、
とっても素敵でした。

反対に、私はちょっと日本にいる両親をないがしろにしてたかな?と反省。
そこで、憧れのWeiWeiといっしょに写真が撮れてご満悦な私の両親を初公開!
(見たくないって??)

ちょっとだけ親孝行しました(笑)。

どんくさい中国ADSLと戦いながら、
ブログ再開しますので、よかったらまたお立ち寄りください♪


nice!(0)  コメント(0) 

白熱!もと植民地でのサッカー観戦 [上海からの旅]

いよいよ、W杯決勝戦!(中国語では世界杯:しーじえべい)。
 もう昔の話のことのような感がしますが予選が行われていてた最中、
私は香港・マカオに行っていました。

そう、香港は元イギリス領、マカオは元ポルトガル領。
当然いまだにその国々から来た人が住んでいるわけで・・・
W杯の盛り上がりは尋常じゃありません。

 しかも、香港1泊、マカオ2泊という短い行程だったにもかかわらず、
ドンピシャ(って死語?)。
香港滞在中はイングランドの試合が、
マカオ滞在中はポルトガルの試合が行われたのでした。

 イングランド戦を見たのは、もちろんアイリッシュパブ。
夜12時開始を目指して、人(酔っ払いも含め)が集まる集まる。

 試合開始は始終盛り上がりっぱなし。
いけてない選手がいると「お前なんか家に帰れ!(英語で・・・ね)」
とやじが飛びまくる。
・・・で、点数が入ると・・・ハイターッチ!
もうお客さん同士の垣根を越え盛り上がったのでした。
プロジェクターで見たW杯。盛り上がりましたよー
 一方マカオ。マカオではポルトガル人が経営している
こじんまりしたレストランに行ったのですが・・・オーナーが各席に来て
「今日は絶対相手を倒してやるぜー!」
ってな具合で、サッカー談義に花を咲かせていました。

まったくサッカー日程を考えずに旅行に行ったのですが、思いがけず
アツいワールドカップを過ごすことができて、ほんとラッキーでした!


nice!(0)  コメント(0) 

Liveの真実 [上海の日常]

日本V.S.オーストラリア戦、
チャンスをものにできず残念でした。

ちなみにわが家では、日本のBS1と、中国のCCTV5、
どちらでもワールドカップの試合を見ることができます。

しかーし、その環境でわかった真実・・・
CCTV5はライブ放送としていながら、
日本の放送とタイムラグが1分ほどある!

その1分の間に映像チェックをしているのか・・・
もしかしたら日の丸・君が代は削除?
と思っていたら・・・

日の丸が見えましたー。君が代もわずかながら聞こえましたよ。

それにしても、今回のことで、
中国の報道規制の真実がわかりました。

Live・・・中国のそれは、偽りでした・・・。


nice!(0)  コメント(0) 

上海人のメンツ [上海の日常]


浦東地区、世紀大道に沿って植えられている木々すべてが、
電飾されていました。

この道は、上海協力機構の首脳会議が開かれる会場から、
上海科学技術館(ここにも首脳たちが集まるらしい)にかけてのびている道。

会議に参加されている各国首脳に、
上海がいかに美しく、統制されている町であるか示そうとしているのですが・・・。
虚飾にしか見えないですね。はっきりいって。

ちなみに浦東地区には、管轄警察から
会期中は外に洗濯物を干してはいけないとか、外出はなるべくしないように
といった、通達が来ているのです。

すべて、主催者・上海のメンツをたてるため行っていることなのでしょうけど。
本当に中国人のメンツを重んじる態度には、脱帽です。

この電飾も、「開かれた上海」を掲げる主催者の
メンツをかけたパフォーマンスなんですよね・・・。


nice!(0)  コメント(3) 

ある日の怒れる出来事。 [上海の日常]

ある日、エレベーターホールに出ると・・・

こんな物体が、立てかけてありました。
しかも、エレベーターのボタンのある箇所の上に。

手を無理無理伸ばしても、何をやってもまったくボタンに届きません。
仕方なく、非常階段から1階降りて、下の階からエレベーターに乗りました。

さて、あの物体はどうなっているかな?
と家の前まで来てみると・・・

非常階段の入り口はごみの山。
もちろんエレベーターホールにもごみは散らかってました。

これらをやらかした犯人はもちろん現地の作業者。
彼らはまったく人のことを考えず、任務を遂行します。

こういう現場に出会うたびに、怒り心頭に発する私なのでした。
ゆるせん!○○人


nice!(0)  コメント(0) 

旧暦5月5日。今日は端午の節句です。

今日は旧暦の5月5日。
中国の端午節です。

この日には、ちまきを食べる習慣がありますので、
レストランではサービスとしてちまきを出すところもあります。

私は上海の母手作りのちまきをいただきました。

甘いちまきが嫌いな私のために、
ちゃんと角煮の入ったちまきを用意してくれた母。

手作りならではのやさしい味に感激する一方で、
その心遣いにジーンときました。

ところで、現在の暦での5月5日は日本の端午の節句。
やはりちまきを食べたりしますよね?

こういった伝統的な文化は中国から来たのだなぁ、
と、中国に住んでいるとしみじみ思います。

儒教の国中国、昔はよかった・・・けど今は・・・。
とりあえずここではノーコメントとしときます(笑)


nice!(0)  コメント(0) 

いきなり5連休!? [上海の日常]

先週末、上海市政府から通達が出されました。

それは上海協力機構(上海合作組織)首脳会談にともなって、
臨時休暇を伝えるもの。

610日(土)、611日(日)の週末が、
614日(水)、615日(木)に振り替えられ、
さらに616日(金曜日)は1日休みとなる、とのこと。

つまり614日~18日が連休となるんです!

これは上海市内だけのこと。
ほかの中国諸地域には適用されません。

これをうけて、その期間中に社員旅行を組む会社が続出。
安いツアーは飛ぶように売れているみたいです。

なんだか、とっても中国っぽい通知だな、と思いますが・・・
上海市の会議成功への意気込みがこの通知から伝わってきます。

私もGWに続き、上海脱出を計画中です。


nice!(0)  コメント(3) 

ビールのあてに。 [ハオチーなもの]

ここ数日、暑い日が続いている上海
毎日がビール日和、といった感じ。

暑い中でグーッとやるビール。たまりませんよね。

そんなビールのあてに、最近気に入っているのがこれ。

「阿明香脆豆」。

ただのフライドビーンズではなく、ニンニクの香りがたっぷりの、
それはそれはうまい豆。
かつてのCMではないですが・・・やめられない、とまらない!

500gで8.5元(約120円)。
値段の安さもお気に入り。

この豆の存在を知ったのは、会員制バー「南十字星」。
南十字星ではこの豆がサービスで出されます。
あまりのおいしさに、つい「どこで買えるの?」
とバーテンダーにきいちゃいました。

上海第一食品、第二食品ほか、主な食品商店内の
「阿明食品」で買うことができます。

今日も30℃を越す暑さ。
ビールに香脆豆でキマリ!です。


nice!(0)  コメント(0) 

GWはアラビアン~砂漠のアクティビティ・その1~ [上海からの旅]

さて、何度も言いますが、泊まったホテルは砂漠の中。
ホテルを抜け出してフラッとどこか遊びに行く・・・
まあ、やろうと思えばできなくもないですが、
せっかくいいホテルなんですからね。ホテルも楽しまなきゃ。
なので普通は逃亡しません。

でもずっと部屋にいたら飽きるし・・・なんか特別なこともやりたい!
というゲストのために、ホテルではいろんなアクティビティを用意してます。

・ファルコニー(鷹狩り)
・デューンドライブ(4駆で砂漠を駆け巡る!?)
ネイチャーウォーキング
・キャメルトレック
乗馬
・アーチェリー
・ネイチャードライブ

宿泊者は午前中と午後、1ずつ、好きなアクティビティに参加できます。

私たちはまず到着日の夕方に開催されるキャメルトレックを予約。
らくだに乗って砂漠をいく・・・・まさにアラビアン、これははずせません。

らくだが座った状態で私たちは彼の背中にのり、
そのあとらくだ君が立ち上がったんですが
・・・バランスがとるのが難しい。
必死で落ちまいとつかまっていました。

いやはや、らくだ君の背中は高い!
それにしても乗り心地は悪い・・・早く終わんないかなぁ・・・。

とりあえず目的地まで、テクテク。
目的地・・・それは、夕日が一番きれいに見えるスポットです。
←今回はちょっとくもってました、残念!
まん丸夕日を拝めなかったのですが、目的地には、
シャンパンマンが待っていてました!
彼は私たちにシャンパンとドライフルーツをサービス。
砂漠の中で、夕日を見ながら(ちゃんとは見えなかったけど)シャンパン。
なんてゴージャス・・・・。

ああ、このままらくだに乗らず、ここにとまってたい・・・・と思うひと時でした。

次に参加したのはネイチャードライブ。
敷地内の砂漠を車で回りながら、オリックスやガゼルほか、
砂漠に生きる動・植物たちを観察するというもの。

これら、アクティビティには常に、担当ガイドがつくのですが、
そのガイドは宿泊中、ずっと私たちだけの担当になります。
でもって私たちのガイドは南ア出身のRyan。

彼は、かなりの自然オタク。
このホテルのまわりにある自然が好きでたまらない!といった感じで、
ジョークを飛ばしながらしゃべりまくる!

おかげでにわか自然オタクになってしまいました


nice!(0)  コメント(2) 

GWはアラビアン~大人のリゾート~ [上海からの旅]

さて、今回のたびの前半に宿泊した砂漠のリゾートは
「AL MAHA DESERT RESORT & SPA」というところ。

AL MAHAとはオリックスを意味するのですが、
その名のとおり、ここはオリックスの保護地域となっています。

なので、道を歩くとオリックスがお休みしてたり、
草を食んでいたりするのに出くわします。

↑日中は暑いのでこんな感じ。

といっても人間もオリックス君と同じで、日中はあまりにも暑いため、
部屋でだらーり。
プールに入ったり、読書をしたり、DVDを見たりして過ごします。

そのためお部屋はとってもくつろげる作り。
40棟あるヴィラタイプの部屋には、それぞれにプライベートデッキ、
プライベートプールもついています。
DVDデッキもね。

朝7時前についた私たち。
早すぎて部屋の用意が整っていないからと、
担当係員に「朝食をサービスするよ!」といわれ、
レセプション棟にあるレストランへ直行。

ちなみに、ここのホテルは昼・夕・朝食の3食付。
加えてランドリーも無料、
お部屋にあるミネラルウォーターとシェリー酒も飲み放題。
アクティビティも1泊につき2種類選択可能という
至れり尽くせりのサービスがウリ。

そして12歳以下の子どもは宿泊できない、という注意書きまである
まさに大人のリゾート。

こんな大人のリゾートに見合う大人になりたい!と思いつつも、
ついつい、値段のことが気になってしまう私。

朝食はサービスっていうけど、料金にはいっていないし
(食事は宿泊日の昼食から)
本当に食べて大丈夫?料金は請求されない?
という不安げな顔色を察してか、係員は
「この朝食は僕からのプレゼントだよ」とにっこり。

ああ、やっぱりここは大人のリゾートであった。


nice!(0)  コメント(2) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。