So-net無料ブログ作成
検索選択
上海の風景 ブログトップ
前の10件 | -

今日の野次馬。その先は・・・ [上海の風景]


ものすごい人だかり。
中国はほんと、何かあると人が群れます。
野次馬根性を持っている人がものすごく多いんですよね。

で、今日、その先に見たものは・・・

炎上したタクシーでした。
原因は不明。エンジンから発火したのでしょうか?

対向車線のバスをはじめ、通る車はその様子を見るため、徐行。
その道は事故渋滞ならぬ野次馬渋滞になっていたのでした。


nice!(0)  コメント(0) 

船のある風景 [上海の風景]

外灘を臨み、船が行きかう風景はとてもすばらしいもの。
黄浦江の水の臭ささえ、気にしなければ、
浦東側の川岸は素敵なお散歩ルートです。

さて、このルートの東端、
現在は工事中で散歩する人はほとんど見かけないエリアに
虹口地区(日本租界があったところ)に行く渡し舟乗り場があります。

乗り場の対岸に客船が停泊しているのを発見しました。

上海大阪を結ぶ「蘇州号」です。

今でこそ、空路と海路の両方がありますが、
昔は皆、船で上海に来たんだなぁと考えるとなんだかロマンチック。

2泊3日の上海~日本の旅、まだ未経験ですが、
本帰国になったら船で帰るのもいいねぇ、と夫。

でも、現実は、中国からの出稼ぎのための客が多いらしく
船の中は・・・。

ロマンは影を潜め、現実を直視した私たち。
そそくさとその場をあとにしたのでした


nice!(0)  コメント(4) 

サクラサク [上海の風景]


サクラサク・・・といっても受験合格ではありません。
日本はそういう時期ですが、上海では受験は6月です。

本当の桜が咲きました。
ソメイヨシノではありませんが、
カンザクラ、もしくはヤマザクラの仲間の早咲きの桜です。

先週末、上海は20℃を超す陽気だったので、一気に花が開いたようです。

これで、寒い冬とおさらばか?と思ったらまた今日は寒い。

まだ柳は芽吹いたばかりで眠そうですし、
ソメイヨシノにいたっては起きてもいない様子。

コートと厚手のセーターがいらなくなる日が待ち遠しいです・・・。


nice!(0)  コメント(2) 

美しい夕日に和むひと時 [上海の風景]


地下鉄2号線、東昌路の駅を出てすぐ、
ドーンと目に入った夕日があまりに美しかったので写真に収めてみました。

ちなみに右側の建物は、ローカルの人々の住宅
物干し竿が突き出ているのがわかりますか?

左側の高いビルが高級マンションです。

まさに貧富の差激しい上海ならではの風景。
その間から見た夕日ですが、
一瞬言葉を失うほど、それはそれは見事なものでした。

その美しさがこの写真でお伝えできないのが残念です・・・(ウデのせい??)。


nice!(0)  コメント(0) 

高級マンション登場・・・いったい誰が買うのやら・・・ [上海の風景]

開発進む浦東新区・陸家嘴のウォーターフロント
外灘を臨む景色は最高で、文字通りの一等地です。

さて、そんな一等地にもにょきにょきマンションがはえて・・・いえ建っているのですが、
その中に預金額が最低でも200万元(約3000万円)ないとモデルルームすら入れない、
という高級マンションがあります。

湯臣一品(Tomson Riviera)がそれ。

今のところ1平米が80000元。
一番小さい部屋でも100平米以上ということですから、
ざっと1億円はくだらない。

国民一人当たりの月給平均が約1700元(約23800円)の中国
億ションですよ。

上海不動産はかつてバブル時代の日本のように
投資目的で購入する人が多いのですが
このマンションは別格。
ステイタスのためにお金持ちが購入しているそうです。

それにしても、どういう人が買ってるのでしょうね・・・??
nice!(0)  コメント(2) 

新年好! [上海の風景]


新年好!

花火と爆竹の洪水の中、
中国の本当のお正月(春節)を迎えました。
戌年の2006年のはじまりです。

中国では大晦日に家族や友人たちと集い食事(年夜飯)をするのですが、
私は上海の母のお宅でいただきました。

旧正月が過ぎると、上海もだんだん暖かくなってきます。
春節は、まさに、「春」を迎える節目なんですね。


nice!(0)  コメント(2) 

役に立つのか?交通マナー警告看板 [上海の風景]


渋滞時には、交互に進みましょう」
という内容が書いてある看板です。

2車線から1車線になる道の脇に、
今年の夏ごろ、突如登場しました。

車線が減るとき、1台1台交互に進む、
というのは先進国では当たり前のマナー。

しかし、ここ中国は、このような当たり前のマナーは通用しません。

誰よりも先に進むことをよしとし、
割込みが得意、もしくはほかの車に割込みさせない運転手が
いい運転手、と評価されます。

なので、こういった看板はあるだけむなしく感じます。

オリンピックと万博に向けて、マナー向上を図ろうという気構えは
わかるんですけどね・・・。


nice!(0)  コメント(4) 

上海コレクション?パジャマにヒール [上海の風景]

タクシーで移動中、こんな人に出会いました。

白いパジャマで街を闊歩する女性。

パジャマで街を歩く人は、上海ではさして珍しいことではないのですが、
足元に注目!

何と、赤いハイヒール

白と赤の強烈なコントラスト。
おもわず目が釘付けになってしまいました。

パジャマで街を歩く、というスタイルは、
その昔、上海で流行したと、ある上海人が言っていました。

ご丁寧にも就寝用パジャマ、お出かけ用パジャマ、と分かれているそうな。

この、女性。
目一杯おしゃれをしているんでしょうね、きっと・・・。


nice!(0)  コメント(0) 

宋三姉妹の足跡をたどる秋の散歩 [上海の風景]

宋家の三姉妹、といえば、
「ひとりは金を愛し、ひとりは権力を愛し、ひとりは国を愛した」
といわれます。

当時のスーパーレディであった彼女たちは、
上海で生まれ、その多くの時間を上海で過ごしました。

なので、上海には彼女らの当時を語る建物が多く残っています。

2003年まで存命していた三女宋美齢。
東平路9号の上海音楽学校付属小学・中学9号楼が
彼女の住んでいた邸宅の1つ。
そして瑞金二路の瑞金賓館1号楼にも滞在していたとされています。

長女・宋靄齢の家は永嘉路383号にあります。

彼女らの足跡をたどる場所のうち、私がおすすめしたいのは
淮海中路1843号にある、二女の宋慶齢邸。

ここは家の中も見ることができますが、
博物館も併設されているので、より深く宋姉妹を知ることができます。
当時、いかに宋家の力が強かったか、
展示品からも伝わってきます。

秋風が心地よいこの季節。
地図を片手に散歩をしてみてはいかがでしょうか?


nice!(1)  コメント(4) 

絶好の夜景スポットが・・・黄浦江氾濫す [上海の風景]

昨日のこと。
友人と連れ立ってランチをとった後、
お茶をしようと外灘が一望できるスターバックスへ。

そのスタバのある浦東新区・濱江大道の公園は、
夜景が美しく、デートスポットとして人気。
昼間でも外灘の景色をたっぷりと堪能できるので、おすすめです。

さて、それは目的地に向け、談笑しながら歩いてるときのことでした。
視界の中に、何やらゆらゆらとゆれるものが。
よくよく見ると・・・
なんと、黄浦江の水があふれ、公園の一部が浸水していたのです!

実はおととい、激しい嵐が上海を襲いました。

夕方、墨を流したように空が瞬く間に真っ黒く染まり、
地面をたたきつけるような雨と雷。

その日は9月としては61年ぶりの最高気温を記録。
36.1℃という真夏並みの気温を一気に吹き飛ばしたのが、
この嵐だったのですが、なにせ上海は山坂のない平たい街。
一部の道路や家が浸水、歩行者一人が死亡という大きな爪あとを残しました。

黄浦江の氾濫もそれで納得。

とはいえ、普段から黄浦江はにおいがキョーレツ。
その水が間近にあるのですから、そのすごさは筆舌に尽くしがたく・・・。

怖いもの見たさ(嗅ぎたさ)で、今訪れるのもアリですが、
もうしばらくたってからの方が、よろしいかと思います。


nice!(0)  コメント(2) 
前の10件 | - 上海の風景 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。