So-net無料ブログ作成
ハオチーな店 ブログトップ
前の10件 | -

チュニジアの味に感じる地中海の風 [ハオチーな店]

「チュニジアって、いったいどんな料理が食べられるのだろう?」

家の近くにチュニジア料理店があることを知って、興味を持ったものの、
いまひとつピンとこない。

そういえば、旧正月の時期に行ったマルタから目と鼻の先。
同じような料理が食べられるのかな・・・と漠然と思いながら
かなりの勇気を振り絞って、お店の戸を開けてみた。

かなりの勇気・・・そう、そのお店は駅から近いけれども
ちょっと奥まった一見怪しげな路地裏にあります。
気になりながらも、なかなか踏み込めない空気があるのです。

私にとってかなり重く感じたその戸を空けた瞬間、
目に飛び込んできたのは美しい女性のはじけんばかりの笑顔。
すっと戸が軽くなるのを感じ、期待が膨らむ。

笑顔の主はチュニジア出身のシェフ、メリティー・カルソムさん。
何でも浜名湖の花博でチュニジア料理を出すために来日したことがきっかけで、
日本で働くようになり、昨年11月、このお店「ILLISSA」をオープンさせたのだとか。

早速メニューを見てオーダー。

まず頼んだのが、「サラダホーリー」。
にんじんと鰯をペースト状にしてオリーブオイルで混ぜたもの。
同時にチュニジアのパン、そして唐辛子ペーストの「ハリッサ」が出てきました。

にんじんと鰯の深みのある味わいがパンにものすごくあう。
アクセントにハリッサをつけてもいける。
まさに「食べすぎ注意」の味。

さて、お次はマトンのクスクス。
デュラムセモリナ粉の細かいパスタ・クスクスにマトンのうまみがギュっと入った
トマトソースがしみこんで・・・。

この店一番のおすすめが、これ。
サフランソースベースの「ノウカ」

素材は何とマトンの脳みそ。
素材だけを聞くとなんともグロテスクですが、
それに反して繊細な味わい。
ふわふわの脳みそは臭みがなく、
薫り高いオリーブオイルのソースと一緒に口でとろけていく。

料理と一緒にレバノンのロゼワインをオーダー(残念ながらチュニジアワインは切れていた)。
マルタでもそうでしたが、地中海の料理はロゼワインがものすごくあう(と思う)。
青い海とオリーブオイルの効いたコクのある料理、
そしてきりっと冷えたロゼワイン・・・もう最高!

路地裏の一角にある地中海。
最初の不安はどこ吹く風、いまや足しげく通う場所となりました。

ILLISSA
東京都品川区小山3-19-5
03-3786-5332
Open 17:00~24:00(土日のみ、ランチあり11:30~15:00)


nice!(0)  コメント(0) 

予約の取りにくい店で贅沢ディナー [ハオチーな店]

国慶節快楽!からすでにかなりの時間がすぎ・・・
気付いたらもうすぐ新年快楽!ともいうべき時期にきてしまいました。
西暦ではすでに新年ですが、中国の新年は今年は2月18日。
かろうじて、その前に更新を思い立ったHaluluです。

いうことを聞かないパソコンに嫌気がさし、まったく更新していなかったにもかかわらず、
40000ヒットをとっくに越えていたことには驚きました。
立ち寄ってくれていた方々、ありがとうございます。
そして立ち寄ってくれていたにもかかわらず、同じ記事を見せ続けていたこと、
ほんとうにごめんなさいね。

さて、前置きはここまでとして・・・
昨年、新しくオープンしてずっと気になっていたお店にお仕事で行ってきました。
いまやセレブたちが競って予約し、そこから見える夜景とともに
茶目っ気たっぷりのシェフの見事な料理を楽しめる店として、
知る人ぞ知る、「Jade on 36」。

店内に入ると、まず迎えてくれるのは、宝石をちりばめたように美しい外灘の夜景。

これだけでも行く価値ありです。

さて、肝心のお料理は・・・。
カテゴリーはフレンチをベースにしたフュージョンで、すべてコース仕立て。
5品のコースは480元(約7200円)~、8品のコースは650元(約9750円)~。
よほどの健啖家でない限り、5品のコースで十分かと思われます。
なにせ、さらにシェフからのサービスメニューが4つくらいつくのですから・・・。

今回はお仕事だったので、シェフが自ら出てきてくれて
「おなかの具合はどう?」と聞いてくれました。

「うーん、ほどほどに。多すぎず、少なすぎずで」
「OK!」

そんなやり取りをしてまず出てきたのがなにやらマティーニみたいなもの。
グラスにはちょこんとフォアグラが。
「これはフォアグラマティーニ。ここからシェフ主催のパーティーがはじまるの」
と、広報の女性。

うーん最初からやられた。
プレゼンテーションも見事ながら、フォアグラもものすごくコクがあっておいしい。
一口で終わってしまったフォアグラに物足りなさを感じていると、
次に出てきたのがオイルサーディンのムース。
一応(上海ではかなりの)高級店。なのにオイルサーディン?しかも缶ごと!
・・・こう思ってしまうのはまさにシェフの思う壺。

普通の高級店では考えないような食材をつかい、高級品に作り上げていく。
これがこのお店のウリらしい。

シェフのパーティーはまだまだ続く。
お次はフォアグラオペラ。物足りない!と思っていたフォアグラが
またまた登場してくれた。どうやらこのフォアグラも自慢らしい。
そういえば、すでにここでフォアグラを味わった友人がいってたっけ。
「ここのフォアグラが上海一よ」って。

お次はこれ。目玉焼きにお肉が添えてあるような・・・
「ブレックファースト」というネーミングがついたこのお皿、
目玉焼きの正体はオレンジソースとココナツ生地。
実はこれ、鴨肉のソテーオレンジソース添えという立派な料理。

さらに料理は続く。ジャンボシュリンプ、ショートビーフリブ照り焼きソース、
ルッコラサラダフレンチフライ添え・・・
それぞれひとひねりもふたひねりもされた演出はお見事。
もちろん味も見た目に引けをとらない。ま、私にはちょっと濃い目だったけど。

まさにおなかがはちきれんばかりになった頃、
ここの一番人気のお皿が。

レモンにしか見えませんが、レモンタルトです。
レモンの中にはレモンクリーム、レモンシャーベット、
グレープフルーツの果肉がはいっていて、
ビスケット生地と一緒にほおばれば、口の中でレモンタルトになるってわけ。

スタートから、ラストまで、シェフの技がさえる見事なお皿が繰り出され・・・
お腹はっきりいって苦しかったけど、上海のレストランレベルも
かなり上がったな、と感心させてくれるお店でした。

ちょっとお値段は張るけれど、日本の同レベルのお店に比べたらかなりお徳。
大切な記念日のために、レストランリストにぜひ入れてみて!

ただし、早めの予約を。

Jade on 36
浦東シャングリラタワー2 36F
021-6882-3636
Open 18:00~22:30


nice!(0)  コメント(0) 

行ってきました、ウワサのスタミナ苑。とろとろお肉を賞味! [ハオチーな店]

安くてウマイお肉が食べられる!と評判の
焼肉専門店「スタミナ苑」。

開店当初から話題沸騰。
でもちょっと我が家から遠くて、相変わらず思い腰が上がらなかったのですが、
行ってきましたよー、ようやく。

焼肉メニューはロースやカルビ、はらみの混じった赤みっくす(65元)、
牛タン(38元)、てっちゃん、みの、レバの混じった白みっくす(30元)の3種のみ。

もちろんほかにご飯もサラダもスープもユッケも、そしてアルコールもあります。

焼肉はそれぞれたれと塩を選べるのですが、
おすすめは塩を選択しておろしポン酢で食べる、というやり方。

油ののったとろとろお肉も、これでさっぱり食べられます。
でもこの食べ方だといくらでも食べられるので危険かも。

このスタミナ苑の親会社は「れんが屋」という焼肉屋。
そのお店に比べたらお肉にパンチがないものの、
値段を考えたら、悪くない。

なかなかおいしい牛肉にめぐり合えない中国にあって、
こういうお店はやっぱり嬉しいですね♪

ただし予約は不可なので、行列覚悟で!

スタミナ苑
古北路169号
021-5206-0848
Open 17:00~2:00


nice!(0)  コメント(2) 

オルゴールに囲まれていただくフレンチ [ハオチーな店]

中国最大のパイプオルガンが設置されている浦東の東方芸術中心。

その1階に日系のフレンチレストラン、
「PARI's Shanghai(巴黎上海)」があります。

ここは、繊細でおいしいフレンチをいただける、のみならず、
店内にアンティークオルゴールが置かれているため、
その音色も楽しむことができます。

その日はランチに行ったのですが、ランチをいただいていたのは私たちのみ。

その日は何も演目もなかったし、
まあ、平日のコンサートホールはこんなもんだろう、
と変に納得しながらも、貸しきり状態だったのでまさに隠れ家、
ゆったりとした時間を過ごすことができました。

今回いただいたのは150元、ワイン2杯つきという
特別リクエストコースメニュー(サービス税がつきます)。

マグロのサラダ仕立てわさびソース→パンプキンポタージュ
→サーモンのラタトゥユ包み→牛フィレステーキ赤ワインソース
そしてデザート。

日本人シェフによるその料理たちは
それぞれ、素材の味が生かされていて、かつ繊細であり、
味・ボリュームともに大満足。

そしておなかを満たされたあとは、オルゴールの音色が気持ちを満たしてくれる、
というにくい演出。
←こんなオルゴールも。
外とは時間の流れ方が違う・・・明らかにそう思えるほど
ゆっくりと過ごすことができたランチタイム。

久しぶりにいいお店にめぐり合えたな、とちょっと楽しい気持ちになりました。

PARI's Shanghai(巴黎上海)
浦東新区丁香路425号 上海東方芸術中心
021-6854-7645
Open 11:30~14:30 17:30~22:30
※ランチタイムは要予約 


nice!(0)  コメント(4) 

鳴戸部屋秘伝の味を上海で味わう [ハオチーな店]

昨日の言い訳の、舌の根の乾かぬうちに、
またしても外ご飯しに行ったHalulu。

3月4日に春到来宣言をした上海市ですが、
またしてもぐっと気温が低くなってしまい・・・そんな寒い日には、鍋でしょう、
ということで行ってみました、ちゃんこ料理のお店「隆盛」へ。

上海出身、元鳴戸部屋力士・隆王(本名・王瑜)が腕を振るうお店です。

店内には相撲甚句が流れ、
壁には番付表や相撲に関連する絵や写真がずらり。
三段目で引退した隆王へ部屋仲間から送られた色紙もあります。

ちょっと照れ屋ではにかんだ表情がかわいらしい
王さん自慢のちゃんこ料理を早速注文。

ちゃんこ鍋はしお、しょうゆ、みその3つのスープから選べます(2人前138元)。
私たちはみそを注文。

豚バラ、鶏ミンチなどのお肉のエキスと、
キャベツ、白菜、玉葱、にんじん、大根などの野菜のエキスが
白味噌仕立てのちょっと甘めのスープと溶け合う。

栄養満点、味も満点。
追加の野菜やお肉もオーダーし、まさに力士のようにたっぷりと
本場ちゃんこ鍋を堪能させていただきました。

ところで、ちゃんこ、というとちゃんこ鍋を普通想像しますが、
ちゃんこ料理とは、力士の食べる食事のこと。
相撲部屋で出す料理は鍋以外もすべてちゃんこということになります。

ということで、ここの一品料理もなかなかです。
舌のこえた力士たちを満足させる料理なのですから。

卯の花も、手羽先餃子も、鶏のにんにくしょうゆ焼きも、
ていねいに料理されていて、これも満点の味。

どの料理もおいしく、お酒も進む。

そしてたらふく食べた私のおなかは、
力士そのものになってしまったのでした・・・。

ちゃんこ隆盛
浦東新区浦東南路855号世界広場B1
021-5054-5533
Open 11:00~14:00 18:00~23:00
※ランチタイムは月~金のみ営業


nice!(0)  コメント(6) 

イタリアンV.S.スパニッシュ、ウォーターフロントの熱き戦い [ハオチーな店]


最近続々新しいレストランがオープンしている、浦東のウォーターフロント。
特に、(日本人の間で)話題をさらっているのが
1月15日にオープンした「The Kitchen Salvatore Cuomo」。
日本から上陸したピザで有名なイタリアンレストランです(写真左)。

その隣に、昨年12月にオープンしたスペイン料理
「LA VERBENA」があります。
ここも日本人にはマイナーながら、連夜ラテンな人々でにぎわっています。

ここの前にいくと、いっつもどっちへ入ろうか迷ってしまいます。
が、やっぱり最初に行ったのはイタリアンでした。

マストチョイスはやっぱりピザ。

見よ、このマルゲリータ(98元=約1450円)。
専門の釜で焼き上げたピザはモチモチで、噛めば噛むほど味わい深い。
トマトソースも絶品でした。

さて、お隣スパニッシュ。
実は入ったのはまさに偶然。
その日、友人と連れ立って、イタリアンランチをしようと
わざわざ東方明珠の裏側まで来たのですが・・・
水道故障のため、何とクローズ。
仕方なく、隣のスペイン料理に入ったのでした。

それが大当たり!
入ったときには人がまったくいなかったので、心配していたのですが・・・
おいしい!ということで、夜にもまた行ってしまいました。

夜は意外と混んでいて・・・確実に入りたいなら予約が必要みたい。

でもって、ここのイチオシはイベリコハム(130元)。
どんぐりのみで育てた豚の肉を使った高級生ハムです。
ちょっと固め、塩味もきいていて、肉は噛むと木の実の味がします。
添えられているパンは自家製トマトソースがかかっていて、これもハムとあう。
ワインが進みます。

私としては、イタリアンもスパニッシュも甲乙つけがたい!
なので、はじめて行く方にはお得なランチをおすすめします。

ランチメニューは
「The Kitchen Salvatore Cuomo」は、128元と168元の2種類のみ、
「LA VERBENA」は150元と180元の2種類で、アラカルトもチョイス可能です。

あなたなら、どっちを選ぶ?

The Kitchen Salvatore Cuomo
浦東新区陸家嘴西路2967号D座
021-5054-1265
Open 11:00~23:00

LA VERBENA
浦東新区陸家嘴西路2967号E座
021-5054-0690
Open 11:00~2:00


nice!(1)  コメント(6) 

「辣」で身体の芯からあったまろう! [ハオチーな店]

辛い料理、こっちでは「辣」(ラー)なものと称しますが、
を時々無性に食べたくなります。

寒い時期には特にそう。
辛いものをたべて身体の芯からあったまりたい!という欲求が強くなります。

さて、辛い料理もいろいろありますが、
私が上海で生活を始めた頃、
近くにおいしい店があるか?とたずねたときに紹介されたお店がここでした。

「〔黒今〕香閣」(〔〕で1文字)。
貴州料理のお店です。

当時は、浦東に1店舗しかありませんでしたが、
いつの間にか、市内に3店舗も展開している人気店です。

ここのお勧めは、〔黒今〕味宮保鶏(32元=約440円)。
宮保鶏丁という料理は、ごくごくありふれた料理なのですが、
ここのはひと味もふた味も違う。

刺激的な辛さではあるけれども、しっかりと鶏のうまみが引き出され、
単なる辛いだけの料理と一線を画しているのです。

この店は、辛い料理がメインですが、辛くない料理もありますので、
苦手な方もご安心を。
オーダーするときに、メニューの唐辛子マークを参考にしてください。

そうそう、ここではドクダミも供されるのですが、
日本人の口にはちょっと合わないかと思われます。
オーダー時にはくれぐれも気をつけて!

〔黒今〕香閣(浦東店)
浦東新区浦城路171号
021-5887-1717
Open 11:00~14:30、17:00~22:00
※ランチは12%off 。淮海中路627号、虹中路525号にも店舗あり


nice!(0)  コメント(3) 

寒い日にはおでんでほっこり [ハオチーな店]

上海の冬は寒い!
ここ数日は最低気温-2℃。
マンションの池には氷が張り、いつ雪が降ってもおかしくない寒さ。

こういう寒い日にはやっぱりあったかいものが食べたい。
そこで出かけたのが浦東にある「おでんや茶栗」。

オーナーは静岡出身。
お茶所ならではの機転で抹茶割りも飲めるそうな。
マストオーダーはもちろんおでん!

メニューを指差し、
「ここからここまで、全部ね!」
と注文。つまりおでん全品1個ずつ注文したわけですね。

出てきたおでんは関東風より黒くなく、関西風よりしっかりとした色合い。
厚揚げをがぶり。

うまい。

何というか、懐かしいのです。
いろんな素材から溶け出したうまみがひとつになり、
やさしい味に仕上がっている。

しかもカラシだけでなく、味噌がついているのもポイント高し。

おいしいのはおでんだけではありません。
おすすめの焼き黒はんぺん(22元=約300円)は
つみれのような味わいで噛み応えがあり、魚のうまみを存分に楽しめる。

そして見よ、この居酒屋メニュー。
ここ、上海のお店ですよ(メニューに上海蟹もあるし)。

どれもこれもたくさんオーダーしたくなる懐かしいメニュー。
そして家庭的なやさしい味わい。

身体だけではなく、ココロもほんわりあたたかくしてくれる、
そんなやさしさにあふれているここ。

日本のあったかな雰囲気に浸りたいなら、
ぜひここはおすすめです。

おでんや茶栗
浦東新区(山勞:lao)山西路1054号
021-5835-6992
Open 17:30~24:00


nice!(0)  コメント(3) 

ローカルに大盛況=ウマイお店の方程式 [ハオチーな店]

いかにローカルの人でにぎわっているか、
というのは、おいしいお店をかぎ分ける鉄則。

さて今回はそんなローカルに大盛況の飲茶のお店を教えちゃいます。

いわゆるドロボウ市場に程近い淮海路沿いの雑居ビルの3階にあるこのお店。
こんなところに、ほんとにおいしいお店があるの??
という場所なのですが、まあ、行ってみてください。

名前は「利苑海鮮酒樓」。

もうお分かりの方がいるかもしれませんが、
シンガポールにある有名店「レイ・ガーデン」の上海店です(香港にもありますよね)。

基本的には海鮮料理のお店なのですが
行くならやはりお昼の飲茶の時間がお勧めです。

はずれはほとんどないのですが・・・やはりえびを使った点心は絶品。

大ぶりの、そしてプリプリのえびが入った揚げワンタンは、
マヨネーズでどうぞ。
カリカリ感、プリプリ感とマヨネーズのジャンキーさが妙にマッチして、ウマイ!
必ず頼む一品です。

そして絶対頼んでほしいのがマンゴープリン(15元)。
脂っこい点心のあとでもすっと胃の中に消えていくさわやかさ。
「ここのマンゴープリンが一番!」という人もいるほど。

点心は1品15元前後。
平日のお昼は12%オフになるのでお得です。

ただし、12時前には入店すること。
12時過ぎるとローカルでいっぱいになります。
12時以降なら待つこと覚悟でどうぞ。

利苑海鮮酒樓
淮海中路965号3楼
021-6445-3538


nice!(0)  コメント(4) 

日本料理の真髄、上海にあり! [ハオチーな店]

9月26日のグランドオープン以来、
なにかと話題をさらっている浦東シャングリ・ラ上海タワー2。

特にレストランの質の高さは、ほかのホテルに類を見ないほど。
でもこのお店が進出する、と聞いたときにはさすがに耳を疑いました。

それは、あの、「なだ万」。
175年の伝統を持つ日本料理のお店です。

できたからといってもさすがに高級店、私にとっては敷居が高い。
でも、このたび幸運にもなだ万で食事をする機会を得ることができました。

店内は黒とベージュ系を基調にシックにまとめられ、モダンな雰囲気。
伝統と格式を持つお店でありながら、
それだけにとらわれず、
その時その時の流行をうまく取り入れているのがなだ万らしい。

それは料理も同じこと。
日本料理の命である「だし」はまさになだ万伝統の味。
それでいて常に新しい味を求めているのもなだ万。

今回それが一番感じられたのは、上海蟹とフカヒレの餡をかけた茶碗蒸し。
蟹味噌のコク、蟹の身の甘さ、そしてフカヒレの食感が三位一体となった餡。
それがふんわりと蒸しあげられた茶碗蒸しにかけられているという一品。

上海蟹とフカヒレといった高級中華食材を使いながら、
中華料理ではなく、きっちりとだしの味が生きた日本料理となっているのがさすが。

もちろん味だけではありません。日本料理は舌でも目でも楽しむもの。
そのため250種類もの器をわざわざ日本から運んだということ。

先付けからご飯まで、舌で、目で、香りで・・・・五感すべてを使って楽しめるような演出、
まさに日本料理の真髄、ここにあり、といったところでしょうか。

ちなみに、2006年2月28日まで、120元~(約1600円)のランチが
20%引き(先着16名まで)という嬉しいサービスをやっています。
(寿司バーは98元~)

高級店で、敷居が高いと思っている方、
まずは気楽にランチから試してみてはいかがでしょうか?

日本料理なだ万
浦東新区富城路33号 浦東シャングリ・ラ上海 タワー2 F2
021-6882-8888
Open ランチ12:00~15:00
    ディナー18:00~22:30


nice!(0)  コメント(7) 
前の10件 | - ハオチーな店 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。